ブライト・ヤング・ツインズ | みんなで作るアダルト情報サイト

  1. home
  2. エロコラム
  3. 家族ぐるみで付き合いがある熟女をレイプ

家族ぐるみで付き合いがある熟女をレイプ

長年家族ぐるみで付き合いがあるK子という40代後半の熟女がいます。見た目はキレイな感じで、街で見かけたら思わず振り返るレベルです。そんなキレイな熟女をレイプして中出しした話です。。。元々K子の旦那と友達で、いつの間にかK子とも仲良くなっていった感じです。K子とはたまにメールして一緒に飲みに行くくらいの中でした。とある日に家のタンスを動かしたいから手伝ってくれないかと誘われK子の家に出向きました。その日旦那は仕事らしく留守でした。。二人でタンスを動かし休憩がてら軽い食事をしてるとき、会話の流れで「最近エッチしてる?」と聞いてしまったのが間違いの始まりでした。「二人目が出来てからは五年以上してないんだよね‥」とK子が言いました。前々からK子の事が気に入っていた私はつい「俺とエッチしようよ」と誘ってみました。K子は恥ずかしそうに「旦那がいるからダメだよ」と言いましたが更にお願いすると、引きつった顔で「ダメ‥」と言われました。二人しかいない空間に欲情してしまった私はK子が後ろを向いている隙を狙って抱きしめてしまいました。

必死に抵抗するK子を床に押し倒し、強引にブラの中に手を入れ胸を揉みしだきました。「やめてっ!なにするの!」と言われましたがK子の上に覆いかぶさり無理やりディープキス。K子の顔を見ると涙を流していましたが、その表情がたまらなく興奮したのです。K子の体を抑えながらパンツを脱がせ、無理やり指でアソコを刺激しました。逃げるのを諦めたK子は抵抗もせずに私の言いなりとなっていました。そのまま両足を開かせチンポをねじ込むと仰け反るように顎を上に向けて喘ぎ始めました。しばらくピストンを続けていると泣きながら歯を食いしばって喘ぎ声を我慢しているようでした。その顔もまた私を興奮させるのです。そのまま高速ピストンでK子を突きまくり最後は膣内に精子を出しました。プレイ後も泣き続けるK子を抱きしめながら慰めていましたが、その後私とK子が連絡を取ることはありませんでした。今でも思い出して後悔していますが、同時にあれほど気持ちが良いセックスも無かったなと思っています。